2018年 12月 の投稿一覧

ノルマンディー旅行(バイユー、オマハビーチ、エトルタ、カマンベール)その3

 バイユーを後に、もう、この時点で夕方ですので、本日の宿泊先、エトルタに向かいます。途中、ノルマンディー大橋をわたります。このノルマンディー大橋、高速道路のため、停車はできず、そのため、写真は車内助手席からとるしかないのですが、見てください!立派じゃありませんか?
f:id:TACOYAKI:20181230042816j:plain

f:id:TACOYAKI:20181230042335j:plain

f:id:TACOYAKI:20181230042429j:plain

オンフルールとル・アーブルの中間にあります。

f:id:TACOYAKI:20181230042450j:plain

f:id:TACOYAKI:20181230042538j:plain

この、なにもない、農道のようなところをVW(フォルクスワーゲン)のミニバスが走ります。対向車きたら結構、きついんじゃあないかな。そして、ナビではそろそろエトルタなのです。が…海なんかどこにも…

 

ドライバーさんはエトルタに来たことがあるから特に不安もないそうですが、これ、レンタカーで運転していたら、ちょっと不安になりますよね。道路の番号表示もないし、この先何キロでどこ、という標識もありませんので。

f:id:TACOYAKI:20181230042904j:plain

と、走行するうちにエトルタに着きました。美しいですよね。

f:id:TACOYAKI:20181230042919j:plain

10月上旬ですが、観光客はほとんどいません。この海岸に面して市街なのですが、ほとんどのお店がシャッターをおろしています。レストランから、ビストロまで、閑散としています。もちろん、やっているお店もあることはあります。ガイドさんによると夏はものすごい人だかりだそうです。ちょっと想像がつきません。

 

結局、滞在先のホテルがやっているレストランで食事にしました。ワインは、ノルマンディー産のワインなんてあるはずもなく、ロワールのサンセールなどがリストにありました。

f:id:TACOYAKI:20181230043215j:plain

オマハビーチとはちがった独特の美しさです。これには両親も喜んでくれました。

ちなみにエトルタは私も初めてきました。

f:id:TACOYAKI:20181230043400j:plain

モネがここからかきましたという案内板です。

f:id:TACOYAKI:20181230043506j:plain

こちらの岸壁の奥に、アルセーヌ・ルパンの奇巌城のモデルとなった岩があります。そして、アルセーヌ・ルパンの作者、モーリス・ルブランはエトルタの出身です。

 

日付が変わって翌日。オンフルール、ル・アーブル、カマンベール村、そしてパリへと帰ります。

 

朝はエトルタの近郊を散歩しました。

グーグルの画像検索でエトルタの風景のことは知っていました。そして車で来れないかなとおもっていたのですが、車は入れません。したがって、なんと、ホテルのある砂浜から歩くしか無かったのでした。

 

ただし、上りの勾配はそれほどきつくはありません。エトルタを満喫しようとおもったら夕方に来て、翌朝、2~3時間くらいとってもいいかもしれません。

f:id:TACOYAKI:20181231002751j:plain

f:id:TACOYAKI:20181230175800j:plain

中央の岩へと続く通路があります。

f:id:TACOYAKI:20181230175838j:plain

遊歩道です。たしかここに盗んだ財宝を隠したことになっているはずです。

f:id:TACOYAKI:20181231002552j:plain

もしかしたらここだったかな。

f:id:TACOYAKI:20181230175910j:plain

下をみると…怖いです。ここ、かなり強風です。

f:id:TACOYAKI:20181230175933j:plain

昨晩のホテルのあるあたりの浜辺です。

f:id:TACOYAKI:20181230180003j:plain

f:id:TACOYAKI:20181230175707j:plain
この後、ノルマンディー大橋を渡り、オンフルールへ向かいます。

f:id:TACOYAKI:20181230180045j:plain

繰り返しになりますが、今回はノルマンディー大橋の全体像を。

f:id:TACOYAKI:20181230180110j:plain

目指すはオンフルール。フランス語はHを発音しません。なので、HONFLUERとかいてオンフルールです。

f:id:TACOYAKI:20181230180122j:plain

オンフルールは 印象化の画家が題材としてたくさんの作品をのこしました。

f:id:TACOYAKI:20181231002523j:plain

上がスマホブラックベリー)下がキャノンのデジイチでとりました。

f:id:TACOYAKI:20181230180355j:plain

上がキャノン、下がソニーのミラーレスです。

f:id:TACOYAKI:20181231003129j:plain

上がソニーのミラーレス、下がキャノンです。

オンフルールの上の3枚だったらキャノンがいいかなあって思いました。みなさんは行かかでしょう?(ま、結局はレンズですが)

f:id:TACOYAKI:20181230180414j:plain

水面がまるで鏡のように反射して絵になる風景となっています。

f:id:TACOYAKI:20181230180439j:plain

基本、オンフルールはここだけです。オンフルールは空襲をうけなかったので、古い町並みが結構残っています。

f:id:TACOYAKI:20181230180208j:plain

アレクサンドル・デュブールはオンフルール出身の画家で多分、印象派です。オンフルールを描いた作品を多数残しています。「小さな肉屋通り」だそうです。

f:id:TACOYAKI:20181230180233j:plain

下の木造の建物は監獄としてつかわれていたそうです。

f:id:TACOYAKI:20181230180336j:plain

フランスの古い建物、たまにみることがあります。それらの多くがつい最近までつかわれていたりとかで、素敵だと思います。が、結構、狭くて、小さいんですよね。

 

日本人の住宅のことをうさぎ小屋といったのはフランスの大統領だったとおもいますが、どうしてなかなかフランスだって一部のお金持ちと農村を除けば、相当にうさぎ小屋ですよね。

f:id:TACOYAKI:20181230180459j:plain

この教会は天井をみてもらうと、船の底を模した天井になっています。なぜ、左右両方あるかというと、もともとは片側分しかなかったのですが、人口が増えて、横に倍になるよう増築したそうです。パリとかボルドーブルゴーニュの教会とくらべると相当に地味です。

f:id:TACOYAKI:20181231002321j:plain

ここでお土産をかいました。帰国後、飲もうと、神田のいせ元さんにもっていったのですが…あれ、一緒にいったANAのCAの子に飲まずにあげちゃった。どんな味だったんだろう…冷やしてのめって言われたんだけど。のんでくれただろうか?

 

さて、オンフルールといえば、となりのハーフルールが砂で埋まって港としての機能が果たせなくなったので作られた港でもあります。いまもハーフルールはオンフルールのとなりに残っています。

 

で…言いたいのが、かっての港であったハーフルールこそはヘンリー5世がフランス上陸のため攻略しようとした港町でした。ハーフルールの守りは当初固く、攻城戦に手間取りました。

 

シェークスピアのヘンリー5世、あの有名な  “Once more unto the breach, dear friends, once more; / Or close the wall up with our English dead.”(もう一度あの突破口へ突撃だ。諸君、もう一度!それがならずばイギリス兵の死体であの穴を塞いでしまえ)は、この攻城戦からうまれたのでした。シェークスピアはいいのですが、当時の情景を想像すると、「あんたが先にいけよ。」と言いたくなりますね。

 

ちょっと長くなりすぎちゃったので続きます。

このページのルートです。

f:id:TACOYAKI:20181231040743j:plain

 

 

カルカッソンヌからアヴィニョンへ

カルカッソンヌの旧市街(城壁内部)観光を終え、次の目的地、アヴィニョンへ向かいます。

 

f:id:TACOYAKI:20181227070042j:plain

 

f:id:TACOYAKI:20181227070121j:plain

f:id:TACOYAKI:20181227070207j:plain

車窓からとった写真なので、あまり鮮明ではありませんが、ここがベジエです。

ベジエといえば、アルビジョワ十字軍の最初の犠牲を出した町です。包囲した十字軍の兵を率いる隊長がローマ教皇庁から派遣されてきていた使節に訪ねます。

隊長「どうやって異端のカタリ派カトリックを見分けるのでしょうか?」

使節「選別は神の仕事、我々の仕事は神の身元に送り届けること(=全員皆殺しにしろ)」

 

当時の戦争の常識では教会内に逃げ込んだ者は殺害してはならない、というルールがありました。しかし、この戦争ではこのルールは無視され、教会内に逃げ込んだ市民も全員虐殺されました。

f:id:TACOYAKI:20181227070904j:plain

途中、ニームで乗り換えて、アヴィニョン駅です。

f:id:TACOYAKI:20181227070945j:plain

なかなか立派な城壁だと思いませんか?

中世、こういった城壁の外には、人がすむことはなかったのでしょうか?都市が大きくなればそれはないですよね。それともきっちりみんな城壁の中にすんでいたのでしょうか?

 

答えは、税金を払える、つまり所得のある人だけが城壁の中に住むことができました。そうでない人や新しくよその土地から移ってきた人たちは城壁の外に家をつくって住んでいました。

 

戦争の際、城外の人は…城内に避難することは許されませんでした。

アヴィニョンはアルビジョワ十字軍の頃、神聖ローマ帝国の領土内でトゥールーズ伯の領地もありました。トゥールーズ伯は今で言うフランス国内の広大な領地と神聖ローマ帝国内にもおおきな領地をかかえていたのでした。もちろん、フランスの王家よりはるかにその所領は広大で裕福でした。国家という概念は当時、ありませんでした。

 

さて、十字軍のとき、この町の運命はどうなったと思いますか?

 

じつは、ローマ教皇庁の預かりとなり戦火を避けることができたのでした。トゥールーズ伯が破門をとかれると領地アヴィニョンも伯に返されます。その後、トゥールーズ伯は何度も反乱を起こします。2回めの蜂起で、再度トゥールーズ市を包囲したシモン・ドゥ・モンフォールが投石機の石で頭を砕かれるとシモン・ドゥ・モンフォールの息子、アモリーは領土を維持することができずカルカッソンヌを追い出され、パリに戻ります。パリではフランス国王にカルカッソンヌの領主としての権利を売却しました。

 

その後…フランス国王は対立するフランドル伯や、ボルドーと英国に所領をもつプランタジュネ家との抗争を優位にすすめることに成功します。そこで、購入したカルカッソンヌの領主としての権利を行使するためラングドックに攻め込みます。攻め手はルイ8世みずから軍を率いて南下します。その際、アヴィニョントゥールーズ伯側にたち、攻城戦となりました。結局、包囲中にルイ8世は赤痢で死亡します。

 

アルビジョワ十字軍とその後のフランス王家によるラングドック併合が完了したあとの時代の話。フランス国王フィリップ4世はボルドー司教ベルトラン・ド・ゴーがクレメンス5世にリヨンで即位するとそのままアヴィニョンに滞在させることに成功し、1378年までアヴィニョンとローマの二箇所に教皇庁が存在したのでした。このイベントを教皇アヴィニョン捕囚といいます。

 

この当時のフランス国王とその顧問官は優秀だったのでしょうね。アルビジョワ十字軍の故事から学べるのは、トゥールーズ伯家は第一回十字軍にも参加したローマ教皇庁にとっては友人といってもいい良好な関係にあるべき間柄でした。にもかかわらず十字軍の標的にされてしまったのです。教皇が変われば姿勢も変わる。逆に言えば、教皇を支配できれば王権を高めることにつながり諸侯を服従させられる、とフランス王家とその顧問官らは考えたのかもしれません。この時のフランス王家の側につくパリ高等法院とローマ教皇庁とのやりとりを堀田善衛は大変興味深く描いています。このときに初めて外国人という名称がつかわれたそうです。

 

いろいろ複雑な歴史を持つアヴィニョンですが、残念ながらカルカッソンヌやケリビュスのあとでは両親の反応は薄かったのでした。

 

私が初めてアヴィニョンへきたときは、「おお~」と思ったものでしたが…

順番がちょっと問題だったかもしれませんね。

f:id:TACOYAKI:20181227071111j:plain

駅から城壁でかこまれた旧市街のゲートをくぐって市の中心部に出る道です。

f:id:TACOYAKI:20181227151429j:plain

目抜き通りを広場にむかってむかいます。昔はこの通り、たくさんのお土産屋が並んでいたのですが、今回は金融機関ばかりならんでいました。ソシエテ・ジェネラルBNPパリバのような日本でいうところのメガバンクというより、聞いたことのない

会社名がならんでいました。おそらくは…住宅ローン専門の会社か、昔の日本の消費者金融のような会社だろうと思います。

f:id:TACOYAKI:20181227225448j:plain

教皇庁宮殿です。

f:id:TACOYAKI:20181227225550j:plain

結構、巨大です。

f:id:TACOYAKI:20181227225833j:plain

この教皇庁宮殿には学生時代から数えると3回たずねていることになります。学生時代に初めて訪問した時、この広大な宮殿の中は空洞というか空っぽでした。フランス革命の際の略奪でなにもかもうばわれてしまったとの説明でした。

前回、そして、今回、気づいたのは、当時のものもではない、レプリカだったり、関連する資料を展示して、イヤホンガイドを有料で貸出し、観光客にその説明をきかせるという変化でした。正直、過去をしっているので、ちょっとやり過ぎ?と感じました。

 

おそらく、ヨーロッパ中から観光客がおしよせ、滞在時間が増え宿泊してもらえるように、発注したのだろうと思います。ここアヴィニョンに限らずフランス全土に共通してみられる変化です。結果、どの観光地も同じような雰囲気かなあ、と感じました。それでも建物の美しさは感じさせてくれる歴史の面白さは不変ですが。

 

アヴィニョンは旧市街の建物群、教皇庁などのシンボル、美術館などみどころいっぱいです。もちろん、プロヴァンス地方をめぐるバスツアーが出発する拠点でもあります。

f:id:TACOYAKI:20181227232322j:plain

Sur le pont d’Avignonの曲「アヴィニョン橋で踊ろう」のそのアヴィニョン橋です。

f:id:TACOYAKI:20181227232411j:plain

ちなみにこの橋は対岸までいけません。

Sur le pont d’Avignonの曲です。

https://youtu.be/uJKfxtYAt0s

 今回のルートです。

カルカッソンヌ→ベジエ→ニームアヴィニョン

f:id:TACOYAKI:20181229123841j:plain

カルカッソンヌ一日観光

さて、すったもんだあって夜遅い時間にカルカッソンヌのホテルにもどってきました。

翌日はカルカッソンヌの市内観光です。

f:id:TACOYAKI:20181227011650j:plain

ホテルと城の間には川が流れています。昔は天然の堀として利用されたと思います。

f:id:TACOYAKI:20181227011824j:plain

この橋を超えていきます。

f:id:TACOYAKI:20181226214543j:plain

カルカッソンヌ

前後しますが、ホテル出てすぐの眺めです。この城とホテルの間には川が流れています。

f:id:TACOYAKI:20181226214734j:plain

川を渡って城下を進みます。緩やかな上り坂を20分以上あるいてやっと城の入り口、ナルボンヌ門に着きます。むかし、ナルボンヌ門前のホテルにとまってことがあるのですが、ついつい便利なんですよね。

 

カルカッソンヌの魅力はなんといってもこの遠くからの全体の風景か、上の写真のような特徴的な砦のカットだと思っています。なので…20分以上のあるきは仕方ないです。

 

f:id:TACOYAKI:20181226215114j:plain

 丘の頂上に城があります。

f:id:TACOYAKI:20181227002449j:plain

となりに人がいると二重の城壁の巨大さがよく伝わりませんか?

f:id:TACOYAKI:20181227002654j:plain

f:id:TACOYAKI:20181227002802j:plain

この左がわが入り口でナルボンヌ門といいます。

 

f:id:TACOYAKI:20181227002846j:plain

上の写真の跳ね橋をこえたあとにあるこれが本当の場内への入り口となります。

f:id:TACOYAKI:20181227002943j:plain

二重の城壁に囲まれているのですが、最初の城壁と2つ目の城壁の間の通路です。こんな難攻不落の城、攻めろと言われてもぜったいに嫌ですよね。

f:id:TACOYAKI:20181227003118j:plain

城壁をぬけたところです。

f:id:TACOYAKI:20181227003222j:plain

いきなり小さなお城?っおもっちゃいますよね。カルカッソンヌの写真といえばこの光景もおなじみだと思います。こちらはシャトー・コンタルといって領主の住居です。この城壁内がトランカヴェル家の人たちが寝泊まりしていた住居というか、ミニ宮廷があった場所になります。

 

ここで、また、すこし歴史について。

昔、公侯伯子男って貴族の序列を勉強しました。ではトゥールーズ伯ってなんで公でも侯でもなくて伯なんでしょう?それは辺境伯に由来するため、つまり、公侯伯子男の定着する前の、独立王国の名残から、なのでした。辺境伯と通常の伯爵の違いは辺境伯はかなりの程度自治をみとめられていたそうです

 

ではカルカソンヌを支配したトランカヴェル家は?爵位は子爵であったそうです。トランカヴェル家はトゥールーズ伯の封臣でした。が、ナルボンヌやベジエなど経済的な要衝を抑えた大貴族でした。勢力は拮抗し、縁戚関係にもありました。なので、主を主とも思っていなかったようです。これはトランカヴェル家だけではなくこの地の貴族は名目だけ臣下の形をとっていたそうです。そのため、十字軍の襲来に対して、共同で対処することができず次々と各個撃破され滅ぼされていったのでした。

 

トランカヴェル家はトゥールーズ伯とアラゴン王に臣従の誓いを立てていました。つまり二股ですね。中世、こういった事象は珍しいことではなかったそうです。貴族はいろいろな場所に領地をもち、領地を維持するためにはその地域の最大派閥の領袖に足らざる得ませんでした。もちろん、国という概念が生まれる前の頃の話です。

 

日本では武士は二君に仕えずなんて話を聞きますが、これは後世のフィクションであったそうです。フランスにおいても中世は同様にいろいろな主君につかえていたようです。

 

アルビジョワ十字軍がトランカヴェル家の領地を次々と荒らし、最後に拠点であるカルカッソンヌを包囲した時、アラゴン王は十字軍とトランカヴェル家の間にたって仲裁にはいりました。休戦となってトランカヴェル家の当主が十字軍の陣地に出向いたところ捕縛され、そのままカルカッソンヌは十字軍の手に落ちます。その後、十字軍をひきいていたシモン・ドゥ・モンフォールはこのカルカッソンヌを拠点に定め、ラングドック地方を荒らし回ることになります。

f:id:TACOYAKI:20181227005413j:plain

f:id:TACOYAKI:20181227005512j:plain

この彫刻はカルカッソンヌ城内の教会内にかざってあるレリーフです。

これは投石機ですね。石をセットしているのは女性です。

f:id:TACOYAKI:20181227005634j:plain

投石機から放たれた石がトゥールーズを包囲し攻城戦をしかけているシモン・ドゥ・モンフォールの脳天を直撃する様子を描いています。

戦争で夫を失った未亡人の石がトゥールーズを包囲し攻城戦をしかけているシモン・ドゥ・モンフォールを倒したという有名な故事に由来するレリーフです。

f:id:TACOYAKI:20181227005918j:plain

全体像です。

写真撮影は禁止なので、文章のみですが、その他の見どころとして、カタリ派への拷問内容を再現したミュージアムもあります。こちらはカタリ派への拷問だけではなく広くヨーロッパ全体を対象に中世を通じて行われた拷問を人形をつかって展示しています。なんていうか、悪趣味です。キャプションを読むと嫌悪を催します。それでも見ておくべき、だと思います。

f:id:TACOYAKI:20181227010327j:plain

シャトー・コンタルは中に入れます。その中からの教会です。

f:id:TACOYAKI:20181227010517j:plain

f:id:TACOYAKI:20181227010608j:plain

こちらの塔、日本的に言えば櫓は城内を向いています。領民に対する威嚇ということですね。この突き出した場所から石など投げたそうです。

f:id:TACOYAKI:20181227010739j:plain

とっても中世な感じがしますよね。

f:id:TACOYAKI:20181227010830j:plain

右側がシャトー・コンタル内の住居です。小さそうに見えますが中はかなり広大です。

f:id:TACOYAKI:20181227010913j:plain

カルカッソンヌのお城の位置がラングドック全体を見渡せる絶好の場所に位置しているのがわかるかと思います。

f:id:TACOYAKI:20181227011213j:plain

この城の入り口に突き出た半円形の橋頭堡をバルバカンといいます。

f:id:TACOYAKI:20181227011351j:plain

ここでもランチはカスレを食べます。ただの豆とソーセージの煮込みなのですが、旨い。そして、カルカッソンヌ以外ではほとんどたべられない名物といってもいいと思います。ただし、パリのスーパーで缶詰で売ってます。

f:id:TACOYAKI:20181227012156j:plain

f:id:TACOYAKI:20181227012233j:plain

夕方になるとどことなく不穏な寒々しさを感じさせられませんか?

f:id:TACOYAKI:20181227012320j:plain

夜は、UNESCO登録の周年イベント(黄色の塗料)のおかげでむしろ明るいイメージですね。

f:id:TACOYAKI:20181227012350j:plain

f:id:TACOYAKI:20181227012410j:plain

とまあ、カルカッソンヌは外観にこそその美の真髄があるというお話でした。

ペイルペルテュース城とケリビュス城、カタリ派の城巡りbyレンタカーその2

さて、ペイルペルテュース城をあとにして、次はケリビュス城へと向かいます。

体力的にはペイルペルテュース城でかなり消耗しています。また、景色は雄大ですが、あの距離を更に車で進むのかと思うと若干、気が滅入るような気もしました。(運転するのは父ですが)

f:id:TACOYAKI:20181226065415j:plain奥の小丘がちょっとした城塞のようになっていますね。このあたりはコートダジュール

を旅行したときのことを思い出します。おそらくは昔から盗賊の被害とかあったのかもしれませんね。で、領主がいなくても村がお城のような形に自然となっていきます。こういうのをバスティーといいます。

 

ここで歴史の話を少々。

 

当時、パリ周辺の北フランスの封建貴族は、日本同様、長子相続制をとっていました。そのため、フランス貴族の次男、三男は聖職者になるか、十字軍に騎士として参加し領土を獲得するか、相続の際に、爵位なしで領地の一部をわけてもらうかしかありませんでした。そういった閉塞した経済環境下で、十字軍への参加は通常であれば出会う機会のない上位の貴族と出会い、そこから交流がはじまり臣従することもあったそうです。

 

ところが南仏のラングドッグ地域はこのゲルマン法の影響よりはるかにローマ法の影響がのこっていたそうで、親の遺産は子供らに均等に相続されました。結果、富の蓄積や戦争による領地獲得で富と権力を集中化させていった北部フランスの貴族とは対象的に、どんどん細分化していったそうです。そんな一部の貴族出身者で爵位も持たず、ほそぼそとした領地をもつだけの小貴族は前述のバスティードに住むようになったのだそうです。

f:id:TACOYAKI:20181226065617j:plain

望遠で拡大したものです。風車が見えます。

f:id:TACOYAKI:20181226070339j:plain

ケリビュス城にだいぶ近づいてきました。

f:id:TACOYAKI:20181226070420j:plain

後ろをふりかえると…この正面の白い岩がペイルペルテュース城です。すっごい距離ですよね。この距離を徒歩であるくのはごめんです。っていうか、車でもすごい悪路です。道路の状態はいいのですが、カーブの連続です。対向車もあります。カーブが急で対向車は対向車線をはみ出し気味です。

プジョーの小型車、日本だとヴィッツくらいのイメージでしょうか、そのくらいのサイズであれば問題はないのですが、SUVに近いメルセデスのワゴンだとすれ違うたびヒヤッとします。

f:id:TACOYAKI:20181226070750j:plain

ケリビュス城の麓につきました。

こんな城を攻めたくはないですよね。

f:id:TACOYAKI:20181226070924j:plain

おそらくは城の入り口まで30分。そこから1時間といったところでしょうか。これ登ってたら一日がおわっちゃいますから、どうしても登りたそうにしている父を説得して、次の目的地、ピュイベール、またはモンセギュールへ向かいます。

 

ただし、事件はこのあとおこったのでした。

 

ああ…このとき無理してでもケリビュス城にのぼっていたら、ケリビュス城で父が疲労困憊していてくれたら‥

 

そもそものことの発端は私が国際運転免許証のはいったバッグを盗まれたことがいけなかったのです。(スリ対策、スリにあったらどうする?どこまで保険でカバーできる?は、特集ページをつくって備忘録として残したいと思います。)そのため、万が一に備えて父にも国際運転免許証をとってもらっていたのですが、父にレンタカーの運転をたのむこととなったのでした。

 

で、ここケリビュス城を出発して、次の目的地へ向かう途中のモリーという風光明媚な村をとおりすぎたときのことです。

 

で、フランスの村々の中は減速のための段差がいたるところにあります。また、道路幅は昔の基準です。メルセデスのワゴンと他の大型車がすれ違うようにはできていないのです。したがって、徐行。もじどおりいつでも急停車できる時速20キロ前後で進まざるを得ない場所がたくさんあるのです。

 

私はなんども注意をうながしていました。スピード出しすぎ!と。ただあんまりしつこくは言えないですよね。私が悪いのですから。  

 

で、父がやらかしてしまいました。縁石にタイヤが乗り、おちてきたときにバーストし、ひどいかたちでパンクしてしまったのです。すぐに駐車場に移動できればよかったのですが、道ぞいに緊急停車です。様子をみたらタイヤがさけていました。

 

ここからが悲劇でした。下はモリーの村です。

f:id:TACOYAKI:20181226203808j:plain

 アモリーという村でロードサービスを待ちます。

携帯はつながるものの、えんえんと待たされます。そして、「45分でそちらに着きます」的なことを言ってきます。が、いつまでもたっても来ません。そこで、まだか?となんども催促します。何度も「そちらにむかっている。そろそろ着くはずだ。」と言われます。蕎麦屋の出前です。

 

結局、まつこと7時間。レッカー車が来て、メルセデス・ベンツをのせていきました。そこからタクシーがきてホテルへと送り届けてくれました。

 

まあ~イライラしますよね。7時間ですよ。私さえ国際運転免許証を盗まれなければ…まあ、もし私が運転していたら…安全運転過ぎて、別の意味で時間ばかりかかって旅程はかわらかったかもですが。

 

ということで大型車に乗りなれている人以外、オートマしか乗れないならフランスでのレンタカー利用は全く進められません。このサイト、過去、レンタカーでラングドックとプロヴァンスを旅行した時の記録も掲載するつもりですが、その時と現在とでは状況が大きく変わっていました。

 

話をもどして…このアモリーという村で7時間すごすことになりました。こんな状況でなければもう一度来たい村でもあります。

f:id:TACOYAKI:20181226204628j:plain

のどかでしょう?ロードサービスに連絡してまあ1時間もすれば再開できるかな?なんて楽観的な気分でいたころ撮りました。

f:id:TACOYAKI:20181226204742j:plain

レッカーでベンツは引かれ、近くのカフェに移動する際の記念にとりました。ホッと一息です。午後7時位かな。

f:id:TACOYAKI:20181226204850j:plain

上の写真を撮った場所から反対側です。T字路です。この村の目貫通りなのですが、カフェやレストランはありますが、ほかは何もありません。

f:id:TACOYAKI:20181226205044j:plain

この左奥の家屋で外にでているのは…ワイン用の樽!ここは小さい村ながらもドメーヌが複数あり、自家でワインをつくっているようなのです。

f:id:TACOYAKI:20181226205148j:plain

ね?

f:id:TACOYAKI:20181226205248j:plain

f:id:TACOYAKI:20181226205320j:plain

このTABACと小さくある場所がカフェなのですが、その横の道路の白い矢印。これが減速させるための起伏で、道幅も狭くなっているでしょう?!ここをベテランドライバーの父は減速せずに通過したのでした。私なら逆に減速しすぎで後続車にクラクションならされまくりでしょうけど。

f:id:TACOYAKI:20181226205557j:plain

このカフェでメニューの中から、地元産のワインでおすすめのものをだしてもらいました。レッカー後、ベンツが片付いて、あとはタクシー。どうせ2時間待ちだろう。飲もう…と。

 

開放された瞬間のワインの旨いことといったら。この事件がきっかけにフランスが嫌いになるかときかれたら、それでもやっぱり楽しくてまた来たいです。

f:id:TACOYAKI:20181226205829j:plain

アルコール度数15%。このカロリーヌさんはボルドーから移ってきてワイン造りをはじめたそうです。10ユーロくらいかな。かなり旨いです。

 

このセパージュというのはブレンドのことです。グルナッシュ・ノワール(黒)60%、シラー20%、カリニャン20%とワイン用のぶどうのブレンド比率が書かれています。f:id:TACOYAKI:20181226210005j:plain

おつまみです。名称不明。「となりのおっさんが食べているの料理と同じもの」、といって頼みました。

f:id:TACOYAKI:20181226210308j:plain

このカフェの写真、たくさん撮っておけばよかった。ワインの摘み取りの季節労働者とおもわれる人たちで午後3時位からものすごい賑わいを見せています。ビールがジョッキで3ユーロとパリでは考えられないやすさでした。

 

で、送迎のタクシーは意外に、というかめちゃくちゃ早くきてくれて、そこからカルカッソンヌのホテルまで送ってもらいました。メーターをみると料金は300ユーロだったかな。5万円…とおもっていたら保険がフルカバーだったので負担ゼロですみました。

 

保険って大事です。あとで特集ページつくりますので、フランス行かれる方は一度目をとおしてみてくださいね。

このページ(1と2)のルートです。

f:id:TACOYAKI:20181229134406j:plain

 

ペイルペルテュース城とケリビュス城、カタリ派の城巡りbyレンタカーその1

カルカッソンヌに宿をとり、この日は朝からレンタカーでカタリ派の城巡りにでかけます。実はカタリ派の城巡りは二回目です。一度目もカルカッソンヌから、そのときはファンジョー、モンセギュール、ピュイベールととても美しいルートでした。今回は逆周りで、カルカッソンヌを出て、ペイルペルテュース、ケリビュスへと向かいます。さて、前回同様、カルカッソンヌでのレンタカーを利用します。が、レンタカー会社のオフィスは市内ではなく、郊外のサルベンザ空港周まで行かなければなりません。タクシーで移動ですが、前回と異なり空港周辺は整備され、大変賑やかになっています。

 

フランスへの観光客がパリだけではなく全土に爆発的にふえているとこいとなのでしょうね。一言でいうと、景気が良いってことですね。

 

で、今回はオートマで中型車をネットで予約しました。ですが実際にでてきたのはメルセデス・ベンツのワゴン。かなり大きいです。ものすごく嫌な予感です。実際、ナビが使いにくいのです。取引先がベンツを公用車につかっているので、多少はインターフェイスを理解できると思いましたが、とにかく使いにくい。そのレンタカーのオフィスにしても最初の1台であったようで、操作方法を聞いてもわかっていないようでした。この辺がフランス的ですよね。

 

「知らね、あんたのほうが詳しいんじゃないの?だから頼んだんだろう?おれは手続きしただけだよ」ってスタンス。

 

最初からベンツ・ユーザーであればよいのでしょうか、国産車から乗り換えたら、うざいですね。サン・テミリオンやペサック・レオニャンにいくときにつかったフォードの方がはるかに運転しやすいです。ベンツの悪口はこれくらいにして…

 

こんな平坦な道をずっと行きます。

f:id:TACOYAKI:20181225230435j:plain

ただし、道幅はそれほど広くないです。

f:id:TACOYAKI:20181225230541j:plain

ボルドーをすぎたあたりからトゥールーズからベジエのあたりまではラングドックと呼ばれる地方です。ラングドックとはオック語という意味で、この辺りは中世、フランス北部のパリ周辺とは言語が異なり、オック語という言語が話されていました。もともとフランス語にはプロヴァンス語やオック語などいろいろな言語がありましたが、法令でオック語プロヴァンス語の使用は禁止されました。

右側の緑はワイン用のぶどうです。

f:id:TACOYAKI:20181225230814j:plain

だんだん山の中に入って行きます。そして道幅が少しずつ狭くなっていきます。これが小型車なら、ドライブも相当たのしいところ。

f:id:TACOYAKI:20181225230933j:plain

ローマ時代の建築物の残骸と思われます。

f:id:TACOYAKI:20181225231110j:plain

これ車内から撮っています。こんな道でいいのだろうか?不安になりますよね。交通量は結構あります。

f:id:TACOYAKI:20181225231223j:plain

途中の村です。

f:id:TACOYAKI:20181225231357j:plain

なんていうか、こんなところまで略奪を目的とする連中(十字軍)がせめてきたなんて感慨深いものがあります。だって、土地がこんな岩盤だらけじゃぶどう(=ワイン)以外つくれませんよね。

f:id:TACOYAKI:20181225231541j:plain

 

コル・ドゥ・バンカレル(バンカレル峠)496メートルとあります。峠の道ですね。当然、ドライブインとかお手洗いはありません。

f:id:TACOYAKI:20181225231744j:plain

みてください!こんな山の尾根に広がる城塞!

圧巻じゃないですか?!これがペイルペルテュース城です。すくなくとも道に迷ったわけではないことが確認でき、この時、ホッと胸をなでおろしました。カタリ派の城巡り、道中は、日本で言えば、農道に毛がはえたレベルです。この写真は望遠で撮ってます。

f:id:TACOYAKI:20181225232036j:plain

実際は、車を止めて、こんな感じです。攻める方も下っ端は嫌だったんじゃあないかな。どうがんばっても落とせる気がしませんよね。城下に辿り着く前に弓で狙い撃ち必至だとおもいます。

f:id:TACOYAKI:20181225232231j:plain

先程の場所から城に近づき回り込みます。

f:id:TACOYAKI:20181225232352j:plain

城の麓の城下町です。この右奥に城への登山道(?)があります。

f:id:TACOYAKI:20181225232315j:plain

なかなか趣のある町並みです。

f:id:TACOYAKI:20181225232650j:plain

城の駐車場から先程の麓の村を臨みます。どれだけ高い場所にあるかおわかりいただけるかと思います。そして、一番奥の山並み、中央のえぐれている場所から左の山、手前がちょこんと出っぱってますよね。望遠でとると…

f:id:TACOYAKI:20181225232751j:plain

そうなんです!これがケリビュス城なのでした。タムロンの望遠レンズ万歳!これはスマホでは無理です。

f:id:TACOYAKI:20181225233033j:plain

で、振り返ってペイルペルテュース城を登ります。

f:id:TACOYAKI:20181225233154j:plain

右下を見渡すと

f:id:TACOYAKI:20181225233242j:plain

強風がすごくて足がすくみます。

f:id:TACOYAKI:20181225233503j:plain

城の入り口に着きました。

f:id:TACOYAKI:20181225233536j:plain

中は結構、広いです。母です。

f:id:TACOYAKI:20181225233706j:plain

さきほどの写真をとった場所から後ろみると…父です。かなり規模が大きな城だということが伝わりますでしょうか。

f:id:TACOYAKI:20181225233928j:plain

さらにまだ奥に城塞があります。でかいです。

f:id:TACOYAKI:20181225234009j:plain

で、その最奥の城塞からの眺めがこちら。右下の空き地は駐車場です。(無料です。)

f:id:TACOYAKI:20181225234210j:plain

最高です!

ちょっと長くなっちゃいました。続きは次回。

このページ(1と2)のルートです。

f:id:TACOYAKI:20181229134406j:plain

 

ペサック・レオニャンのワイナリー、パプ・クレマンへ

前々からいってみたかった、ペサック・レオニャンのワイナリー、パプ・クレマンにやってきました。パプ・クレマンは白ワインもつくっていますが、なんといっても赤が有名です。そして、ソムリエ試験の勉強をしていると重要なシャトーとして出てきたりもします。ただし、ボルドーといえば5大シャトー。ペサック・レオニャンではオー・ブリオンが有名です。その影に隠れて知名度の点ではいまいちかもしれません。が、このシャトーの歴史は大変古いのです。

 

だれもがしっているストーリーは、ボルドー司教のベルトラン・ドゥ・ゴがローマ教皇に選出され、このシャトーをボルドー司教区に寄贈したというお話。

 

ですが、現地で話をきくと、もともと、このシャトーはベルトラン・ドゥ・ゴの生家、古くからの貴族ゴ(GOT)家の所有するシャトーだったそうです。その後、ベルトラン・ドゥ・ゴは跡継ぎを残さなかったため、最後の当主となり、ゴ家はボルドー司教区へと寄贈することになったのだそうです。

 

このベルトラン・ドゥ・ゴは世界史を勉強した人なら、とっても有名なローマ教皇になります。1309年、フランスのフィリップ4世によって行われたローマ教皇アヴィニョン捕囚。この最初の教皇クレメンス5世がベルトラン・ドゥ・ゴになります。おもな業績としてフィリップ4世のテンプル騎士団の弾圧に力を貸しました。

余談ですが、その後のアヴィニョンにおかれた教皇庁のフランス人教皇ヨハネス22世はシャトー・ヌフ・ドゥ・パプを開発することになります。

 この先にオフィスがあります。シャトー・ヴィジットの受付は別になります。

 

f:id:TACOYAKI:20181226213723j:plain

左の黒い部分がゲートです。この入ってすぐの左、写真で言えば奥が見学の際の集合場所です。写真をとっているこの広い場所は駐車場です。もちろん、無料です。

f:id:TACOYAKI:20181223072148j:plain

ゲートをくぐると…パプ・クレマンの美しい建物がお出迎え!

f:id:TACOYAKI:20181226213901j:plain

こちらはタンク

f:id:TACOYAKI:20181223072205j:plain

この写真で有名だったります。

f:id:TACOYAKI:20181223072406j:plain

 このオリーブの木、とっても由緒があるんですよ。

f:id:TACOYAKI:20181223074946j:plain

来歴です。

f:id:TACOYAKI:20181223075050j:plain

ローマ皇帝教皇ではない!)ルシウス・セプティウス・セヴェルスの即位を祝って植樹されたもので、今から、なんと、1800年前のものになるそうです。1823年前とプレートには書かれていますね。ルシウス・セプティウス・セヴェルスがリヨン近郊でライバルを破って皇帝に即位したことの記念と書いてあります。とんでもない歴史のふるさを感じさせてくれますよね。

f:id:TACOYAKI:20181223075514j:plain

こちらのシャトーは残念ながら当時のものなではなく何度も改築をされたものです。ちょうど収穫の時期です。トラクターがなんとも違和感を感じさせてくれますね。

f:id:TACOYAKI:20181223075648j:plain

シャトーの直ぐ側にぶどう畑が広がります。

このバラは意味があります。バラは病気に弱いので、ぶどうの木が病気になる前にバラを見て事前に察知し、予防処置をとれるようにするため植えられています。ワイナリーはここにかぎらず、こういう炭鉱のカナリアをおいてますよね。

f:id:TACOYAKI:20181223075923j:plain

ワイン用のぶどうです。酸っぱくてたべられません。

f:id:TACOYAKI:20181223080024j:plain

こちらのシャトーのブドウは手積みです。

f:id:TACOYAKI:20181223080153j:plain

有料の見学コースに申し込みました。なので、いろいろな場所をガイド付きで見学させてくれます。ガイドは英語で説明してくれます。ちなみに無料の見学コースというのはありません。ただ敷地をうろつくらいかな。

f:id:TACOYAKI:20181223080257j:plain

発酵タンクですね。

f:id:TACOYAKI:20181223080332j:plain

あたらしい木樽ですね。

f:id:TACOYAKI:20181223080355j:plain

こんなのも使っています。

f:id:TACOYAKI:20181223080418j:plain

みえますか?教会関係っぽいオブジェですよね。

f:id:TACOYAKI:20181226214052j:plain

面白いですよね。

f:id:TACOYAKI:20181223080500j:plain

貯蔵庫にもいれてもらいました。

f:id:TACOYAKI:20181223080544j:plain

樽に入れられたワインが並びます。

f:id:TACOYAKI:20181223080616j:plain

フランス革命で資産没収されるまでボルドー司教区の所有するシャトーだったということがよくわかりますね。

f:id:TACOYAKI:20181223080721j:plain

ここで試飲かなと思ったら違うのでした。ここは多分、プロのバイヤー用ですかね。

f:id:TACOYAKI:20181223080818j:plain

これはオーナーのベルナール・マグレ氏が所有する他のシャトーとの比較用の土壌のサンプルです。

f:id:TACOYAKI:20181223081105j:plain

圧巻ですよね。

f:id:TACOYAKI:20181223081137j:plain

右からパプ・クレマン、ラ・トゥール・カルネ、フロンバージュです。

f:id:TACOYAKI:20181223081209j:plain

こちらはステンレス製タンクです。

f:id:TACOYAKI:20181226214149j:plain

ここが直営の売店となりのベルナール・マグレ アカデミーです。

f:id:TACOYAKI:20181226214221j:plain

もう、お勉強です!!!

f:id:TACOYAKI:20181223081313j:plain

お楽しみの試飲です。が、「何の香りがしますか?」とか、「マリアージュは何があうとおもいますか?」とか一人ひとり当てられます。もちろん英語で、です。ヒアリングとスピーキングとワインの知識が必須です。かなりハードルの高い試飲です。

f:id:TACOYAKI:20181223081457j:plain

この日のワインです。セカンドはありません。かなり良いポートフォリオだと思います。ベルナール・マグレ氏の所有する他のシャトーのワインやソーテルヌもありました。ここの試飲はネットで事前に予約する必要があります。また、結構、高価です。ですが、ワイン好きの方や歴史好きの方は、いや、違うか、ワイン好きで、かつ、歴史好きの方はぜひとも訪問してみてください。英語力は必須です。当然ですが。

 

所要時間は2時間ですが、あっという間です。このシャトーはベルナール・マグレ氏の旗艦シャトーでもあり、ここのブティックで氏の他のシャトーのワインも購入することができます。また、日本への発送もしてくれます。

 

本当はこのあとワイン畑が離接するシャトー・ピク・カイヨーに向かう予定でしたがナビに関係ないへんな場所へ導かれ、断念しました。

 

ボルドーへいくとせっかくだから5大シャトーへ、という気持ちもわかります。今回、私がそちらへ行かなかったのは、2つの理由があります。

1つ目の理由は大平原で、絵的ではないということ。なので、サン・テミリオンにしました。

2つ目の理由は、日本へ帰ってきても飲める。なんとか手の届く値段のものをよく知りたい、と思ったからでした。パプ・クレマンのセカンドや、残念ながら行けなかったピク・カイヨーなら一本4千円から5千円です。

 

土壌としてもオー・ブリオン、ミッション・オー・ブリオンが隣り合って、さらにそのとなりのピクカイヨー、パプ・クレマンですから、土壌としてはそうとう良いものであることが期待できます。そういう意味でもピク・カイヨー行きたかった(オー・ブリオンとミッション・オー・ブリオンは今は所有者が一緒で、以前、エノテカの広尾本店でセミナーに参加した時に試飲済みなのです。)